仏隆寺の千年桜  (奈良県宇陀市) 更新:2007年3月(2)
(ぶつりゅうじのせんねんざくら) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

仏隆寺の千年桜
仏隆寺(佛隆寺)の桜は、根周/7.7m、樹高/16m、樹齢900年を超える奈良県下最大最古の桜として有名。
仏隆寺の千年桜
山手から見た仏隆寺の千年桜です。2007年4月12日朝のNHK「おはよう日本」の中継放送では
 鳥が飛び立つようだと表現していました。なるほど。
仏隆寺の千年桜
石段の上から見た「仏隆寺の千年桜」の幹部分。
仏隆寺の千年桜
仏隆寺の千年桜の根元部分。11本の支幹に分岐しています。
仏隆寺の千年桜
少し上流から仏隆寺の千年桜を写したものです。東屋や水車などができています。

仏骼宸フ千年桜(2014年)
下から見ると巨樹であることがよく分かります。桜としてだけでなく巨樹としての魅力も。(※2014年撮影)
仏骼宸フ千年桜(2014年)
「モチヅキザクラ」という珍しい桜の種類です。花は白から薄い桜色で花弁は五枚一重で小輪。(※2014年撮影)
仏骼宸フ千年桜(2014年撮影)
2007年に比べて周囲に桜が増えたようです。(※2014年撮影)
仏骼宸フ千年桜(2014年撮影)
青空に美しい千年桜の姿が映えます。(※2014年撮影)
仏骼 仏骼
 への石段。
 右に長十郎
 ナシの原木
 があります。
仏骼寞ォ内の枝垂桜 境内に咲く
 枝垂れ桜。
ヤマナシの花 樹齢約
 450年の
 長十郎
 ナシの原木。
名称 : 仏隆寺の千年桜
所在地 : 奈良県宇陀市榛原赤埴(あかばね)1684 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2006/4/22、2014/4/14(※) 仏骼寃}ップ
指定 : 奈良県指定天然記念物 (S58年3月15日指定)
アクセス : 近鉄大阪線・榛原駅で下車、曽爾行バスで高井下車、徒歩30分。 【車】国道369号高井交差点を左折し約5分。駐車場は10台ほど。
仏隆寺(佛骼宦jは嘉祥3年(850年)に弘法大師・空海の高弟・賢恵が創建したと伝わる古刹です。室生寺の末寺ですが、大和茶発祥の地とされ、空海が唐から持ち帰った日本最古のお茶を栽培したといわれています。
 参道の石段横にある桜の巨樹は「千年桜」と呼ばれていますが、品種がヤマザクラとエドヒガンザクラの雑種である「モチヅキザクラ(望月桜)」の一種とわかり、学術上でも貴重であり、樹齢900年といわれる県下最古の桜です。
 この千年桜の咲く4月下旬と、大和三名段(仏隆寺、段山神社、室生寺)のひとつとされる197段の石段の両側に彼岸花が咲く咲く9月がこの仏骼宸フ最も美しい時期です。
 千年桜は根元から2m程のところで11本の枝に分岐しており、大きくその枝葉を伸ばしています。残念ながらこの日は曇り空で、満開の桜の花の色はもう一つでしたが、それでもたくさんの花見客があり、駐車場は常に満車の状態でした。
 また近くには巨樹ファン必見の「高井の千本杉」があります。(徒歩で約20分位です) また近くには西光寺の城之山桜本郷の又兵衛桜大野寺の枝垂れ桜瀧蔵神社の権現桜才ケ辻の枝垂れ桜と桜の名所も多いのですが、仏隆寺の桜はこれらよりも開花が遅いのでご注意を。
(HP管理者
2014年に再度訪問した際の写真を追加しています。最近の情報では、彼岸花が咲かなくなったそうです。鹿の害とのこと。境内には樹齢約450年の長十郎ナシの原木やピンク色の枝垂れ桜、イチョウの巨樹もありますので、ゆっくりと山里を散策して下さい。(2015/3/28) 

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(瀧蔵神社の権現桜) (京都御苑・近衛邸跡の枝垂れ桜)
     
奈良県 サクラ 新日本名木100選
     
No.63